保育士・幼稚園教諭ってすごい!~4つのポイントに迫る~

保育者

保育者のすごさについて語ります!

「え!もう1月終わるの!?早くない?」

そう思われる保育者の方は多いでしょう!!

 

いつもいつも、本当にお疲れ様です!

 

現役の保育者の方々だけでなく、

保育者になることを夢見ている方々も

対象に今回は記事を書かせていただきます。

 

家に帰って温かい飲み物でも飲みながら

ゆ~っくりご覧ください★

 

保護者・子どもへのコメント

保育者のみなさん…

文章力ハンパないです。

 

保育園であれ幼稚園であれ、

定期的に保護者と子どもに手書きで

コメントを書くことは多いのでは

ないでしょうか。。

 

いつも思います。

「書くネタ尽きるでしょ」

 

20人以上のクラスを持ちながら、

1人1人何ができるようになって、

何をもっと頑張るべきか…

 

まるでその子が目の前にいるかのように

スラスラとペンが走ります。

メロスよりも走ってます!!

 

当たり前のようにこなしているかも

しれませんが、もう一度言います。

文章力ハンパないです!!

 

ハイクオリティな制作物

保育者の皆さん……

独創性ハンパないです。

 

季節ごとに教室の壁に貼る

制作物を作りますよね。。

 

季節や行事ごとのお題はおそらく

たくさんあるでしょう。

桜、花火、紅葉、雪だるま、など

↑全然でてこない笑

 

でも、そのお題を自分なりに

クラスに合ったアレンジをする。

 

それはつまり、

「0」から「1」を産み出す作業。

 

私も世の中に新たな価値を提供するため

日々いろんなことを考えていますが、

これが本当に難しい。

まさに「産みの苦しみ」です。

 

その「産みの苦しみ」をいつも

感じながら制作物をされる保育者さん。

それはもはや制作物という枠を超え、

1つの作品と言っても良いかと思います。

(しかもスピーディ!!)

 

 

保育者の皆さん、

独創性ハンパないです!!

 

職業ピアニストですか?

保育者の皆さん………

今後職業を名乗るときは

保育士or幼稚園教諭に加え、

ピアニストも加えましょう。

 

当たり前のようにピアノを弾きながら

子ども達と一緒に歌う保育者さん。

時には歌の歌詞を先導しながら、

「もっと元気よく~」

などの声かけをする姿も。

 

 

いやおかしい。

  1. ピアノを弾く
  2. 歌う
  3. 歌詞を先導
  4. 子どもに声かけ
  5. 子どもを観察

これを同時にするんでしょ?

やっぱりおかしい。凄すぎる。

 

「ピアノのスキル」だけなら、

①~③は簡単にできるでしょう。

 

しかし保育者の方々には、

「教育的な観点」というスキルがあります。

○○君にはストレートに言う方ががいい、

△△ちゃんはまず褒めて、言う方がいい、

といったものです。

 

「ピアノ×教育的観点」

複数のスキルが合わさり、

子どもへの影響は素晴らしいものに。

 

本当に凄い。

 

これがプロの集中力

シンプルに凄い。

日々大量の書類たち。週案・日誌など。

そしてそれを当たり前にこなす。

 

高校教員の私からすると、

到底こなせるような量ではない

大量の書類たち。

 

それまで笑顔で談笑していたのに、

いざ作業を始めたときの集中力。

まるで別人のように雰囲気が変わるも、

涼しげな表情で書類を終わらせる。

 

世間では保育のICT化が叫ばれており、

保育者の負担軽減のためには必要なこと

であるともちろん思います。

 

ですが、この大量の書類を短時間で

終わらせることができる。

まさに「生産性の高い時間を過ごしている」

と言えるのではないでしょうか。

 

この集中力や切り替えは、

プロと呼べるのではないでしょうか。

 

まとめ

私の感じる保育者の凄さは、

  1. 文章力
  2. 独創性
  3. ピアノスキル
  4. 生産性

です。

 

「いやいや、もっとあるよ」

と思われた方、おっしゃる通りです。

 

私が感じてるいる部分なんて、

保育をちょびーーーっとかじっただけ。

 

 

この記事を書いている時、一番感じたのは

やはり「保育者の方々への尊敬」です。

 

本当に凄い。

この一言に尽きます。

 

 

そして今、大学・短大・専門学校に

通って保育者を目指している方々!

いずれは保育の現場に立って

自分にしかできない仕事をする。

 

すげーな。

今はまだ学生かもしれないですが、

すでに尊敬してます。

 

全然まとめにならなくてすみません。笑

いつも読んでいただき、ありがとうございます★

コメント