【カフェ開業を目指す高校教員が読んでいるカフェに関する本】読書たかっしー

いろんなこと

 

どうも、改めて自分の周りには

素晴らしい人ばかりだなと思っている

たかっしーです。本当に感謝です泣

 

さて今回は、高校教員をしながら

カフェ開業を目指すたかっしーが

読んでためになった本を一部紹介します!

 

なのでこの記事は、

カフェ(喫茶店)を始めようとしている方向け

に書いておりますので、

それらをご理解のうえお読みください☆

 

とは言うものの、

お忙しい方が大多数だと思いますので

先に結論から!!

 

時間がない方はここだけでOK


カフェ開業に向けて読んだがいい本!

  1. カフェと日本人 高井尚之さん
  2. 小さなカフェ、はじめました 竹村真奈さん
  3. 30日パスタ ミルブックスさん

です!!

時間のない方はここまででOKです!笑

 

お時間に余裕がある方は、

たかっしーの解説にお付き合いください☆

 

たかっしーが感じた、

それぞれの本のメリットデメリット

書いております♪(主観100%)

 

それでは本題を詳しく、、、

 

本を読んだ理由

これって意外と考えないですよね

 

でも「何となく」とか「とりあえず」

自分の行動を決めたくありませんよね

 

 

私たかっしーが本を読んだ理由は、

「とりあえず」です(笑)

 

たかがとりあえず、されどとりあえず

 

私の中には以下のような思いがありました

  • 知識が欲しい
  • ノウハウを知りたい
  • カフェ業界のことを知りたい
  • 何かしていないと不安

 

これから本を読もうとしている方が

一つでも共感していただければ幸いです

 

それでは、

私が読んだ本たちをご紹介します☆

 

『カフェと日本人』

高井尚之さんの著書です

 

一応、私は社会科の教員ということもあり

歴史から学ぶ大切さは体感しているので

読んでみました★

内容

 

  • カフェの歴史
  • 日本人のカフェ利用スタイル
  • 喫茶店、カフェの位置付けの変化
  • 当時のビジネスモデル

といった感じです♪

 

メリット


  • 現代までのニーズの変化が分かる
  • 歴史的に変わらない「本質」を知れる
  • 現代まで通ずるビジネスモデル

ですね!!

歴史と現代を比較することが多いので、

「あ!」という気付きが多い一冊でした

 

ビジネスモデルの変化も載っているので

実用的な部分も多くあるかと思います

 

デメリット


  • 内容が専門的
  • 豆の解説もあるが正直分からない

楽しい!と思って読める部分と、

何だこれ?と思って読む部分が

けっこうはっきりと分かれました

 

私のようなカフェ初心者からすると

難しく感じる専門用語もあったので

読む際は少し心構えが必要かと★

『小さなカフェ、はじめました』

竹村真奈さんの著書です

 

リアルな店舗の事情が知りたくて

読んでみました★

内容
  • 個人店の紹介
  • 店主へのインタビュー
  • 開業にかかった時期や費用など

といった感じです☆

 

メリット


  • 読みやすい
  • 何度も読み直せる
  • 自分でテーマを設けやすい
  • リアルな数字が見られる

とにかく読みやすいです!

インタビューの内容がありますが

コンパクトにまとめられていますし、

メニューや平面図など視覚要素も多く

ストレスが少なく読めました♪

 

自分でテーマを決めて読むことが

比較的しやすい本です

メニュー・コンセプト・費用etc…

 

デメリット


  • 学びが少なくなる可能性がある
  • 錯覚に陥る

視覚要素が多くサクサク読める分、

本当にサクッと読んで終わり!!

ということになる可能性があります

なので読む際はテーマを決めましょう♪

 

そして個人店を取材した内容なので、

あくまで店主の主観であるということ

 

その店と同じコンセプトを持てば

成功するとは限りません

その店と同じメニューを出せば

成功するとは限りません

 

そのあたりを常に意識しながら

読むのをおススメします♪

 

『30日パスタ』

ミルブックスさんの著書です

 

1日限定カフェ「うえちとたかし」

出店に向けパスタの勉強のために

読みました★

「たかしとうえち」の詳細はこちら

内容
  • パスタのレシピ、写真

 

メリット
  • 分かりやすい
  • やる気にさせてくれる

これに尽きます。笑

 

1つの料理で、見開き1ぺージ

 

左半分が、出来上がりの写真と材料

右半分が、作業行程+ポイント

 

とても分かりやすい!!!

そして行程も全て6行程なので

料理未経験でも「やれるかも」と

思わせてくれます(しかもシンプル)

 

パスタを作っていて分かったのですが、

意外とスピーディなんです。

麺の茹であがりとソース完成を同時にして

二つとも温かい状態で絡める!みたいな

 

そんな感じなので行程が6行程だと

いちいち見返さなくても、

頭に入る量なので作っている最中に

バタつくことがほとんどありません。

 

そして本の冒頭には、

麺の種類や茹で方まで載っている!!

なんという親切さ。。。

 

デメリット
  • 食材がマニアック

 

ルッコラとか冷蔵庫にないよ。。。

 

みたいなことがよくあります

 

シンプルなメニューから

凝ったメニューまであるのですが

個人的にはやや凝ったメニュー多いな

といった印象でした←主観100%

 

となると食材もやはり普段から家庭に

置いてあるような食材ばかりではない

 

なので、

「美味しそうだけどこの食材ないな」

となり、

「食材ないし、作るのやめた」

となってしまうことがあります

 

私は家にない食材はネットで

「○○ 代用」と調べてました♪

 

食材を自分なりに変えてみるのも

ありかもしれませんね☆

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

それぞれ本の個性があり、

たくさんメリットもあります

 

が、その一方で

もちろんデメリットもあります

 

どんな本でも、

「自分でテーマを決めて読む」

ことは大切だと思います!!

 

なので、

これからカフェを開業する予定の方は

今回ご紹介させていただいた本たちの

メリットデメリットを踏まえたうえで

ぜひ読まれてください♪

 

 

私の活動が、これから何かに挑戦する人

現在進行形で何かに挑戦している人などの

お役に立てれば嬉しいです★

 

▼たかっしーSNS▼

TwitterInstagramFacebookYouTube

コメント